about hiroko



 

井上 浩子(ロコ)・ Hiroko Inoue

 

幼少よりバレエを始め、2002年単身NYへ渡米。

コンテンポラリーダンサーとして9年間NY、パリなど世界の舞台で公演・振付活動を行う。

また、児童やヤングプロフェッショナルへの指導活動も行う。

渡米直後、ダンストレーニングの一環でヨガに出会う。

いつしかヨガは身体のコンディショニングを超え、

厳しいダンスライフを支える大きな心の拠り所となっていく。

 

”ヨガマットの上では自分に素直に、優しくなれる。

 自分を好きでいられる!”

その心穏やかな空間に魅せられて今日に至る。

 

ありのままの自分を知り、受け入れる事の大切さ。

自分に優しくなれてこそ初めて生まれる周りへの優しさー平和の波動のはじまり。

真の幸せはいつも自分の中にある、それに気づけるかということ。

ー自分に必要だったメッセージが全てここにある気がした。

 

”全ては、はじまりも終わりも、’愛'、ということ”

ヨガの説くこの教えを実感し、共有し、繋げていくため、

今日も練習 (Sadhana) を続けている。

 

2011年帰国。

都内大手ヨガスタジオ専属インストラクターを経て現在はフリーランスに転身。

Mind-Body Arts SHSHUを主宰し、マインドボディコンディショニングやヨガに関するWSや個人セッションを展開。

また、スタジオ・ヨギーやスタジオ・ピボットにてグループ・及びプライベートクラスを担当。

バイリンガルのインストラクターとして英語での指導も行う。

ヨガ・ボディーワークやヒーリング・スピリチュアリティの分野において通訳・翻訳家としても活動の場を広げている。

 

2012年渡印。

シニアアイアンガーティーチャー/リサ・ウォルフォード氏と共に、

ヨガの聖地リシュケシュのアシュラムをはじめ、バラナシ、アグラを訪ね、

ヨガ哲学の奥深さに更なる感銘を受ける。

国内外のアイアンガーヨガ講師に師事。解剖学はレスリー・カミノフ氏に師事。

セラピー的なアプローチを探究しながらクライアントお一人お一人のカラダの個性に寄り添ったプログラムを提供している。

 

 ヨガの賢人達が説く古代からの叡智・哲学に触れるうち、より多くの方と分かりやすくシェアするための共通語として、脳の世界に興味を持つ。

ジョー・ディスペンザ博士、マーク・ウォールドマン博士、ジョン・アサラフ氏をはじめとする現代脳科学の賢人達に師事し、

多方面からマインドを探究中。

プライベートセッションでは、ボディとマインドの真の調和に働きかけるM.B.A.SHSHUオリジナルヒーリングプログラムを提供中。

 

2015年一児の母となる。

マットの上の教訓・智慧を育児に繋げ、子と共に成長できるよう日々奮闘中!

産前産後のママに向けたセルフケアプログラムも提供中。

 

クラスでは、笑顔とユーモアを大切に、

誰もが自分らしくいられる空間作りを目指している。

ポーズ・アライメントの正確さの先に見えてくる幸せな心のアライメント(姿勢)

を皆さんと探求していきます!

 

【資格】

+ 米国YogaWorks 200hr ティーチャートレーニング修了(E-RYT200)

+ 米国YogaWorks 40hr マタニティーヨガティーチャートレーニング修了

+ ヨガ解剖学プリンシパルコース 72hr/レスリー・カミノフ氏修了

(ヨガアライアンス認定)

+ studio yoggy ボディマップ〜ヨガの医療的アプローチ〜 トレーニングコース修了

+ studio yoggy ヨガニドラートレーニングコース修了

+ アメリカンバレエシアター(ABT)教授法取得(Primary-Level3)

+ マーサ・グラハムコンテンポラリーダンスメソッド認定証取得

+"Making Your Mind Matter"/ジョー・ディスペンザ博士 オンラインコース修了